さんそれぞれ、行きつけの模型屋さんがあると思います。私もやはりそうでした。どんな模型屋さんでしょうか?理由はいろいろとあると思います。家から近い、会社の帰りに寄りやすい、品揃えが豊富、店員が親切・・・などなど。私の通っていた模型屋さんは、会社の帰り道とは反対方向で、家からは高速代片道1、300円を使わなければ行かれない模型屋さんでした。それでもそこへ通うには、やはり理由があるのです。それは「人」でした。その模型屋さんのご主人はとても気さくな方で、模型の作り方はもちろん、レースのことにも詳しく、いろいろなことを教えてくれました。ガレージキットに初めて挑戦したのも、ご主人の話を聞いて「やってみよう」と思えたからです。それまで、ガレージキットの存在は知っていても、高いし、作り方はよくわからないし、お店で眺めることはあっても決して手にとって見ませんでした。ガレージキットと私の間には越えられない一線があったのです。それを取り除いてくれたのが、その模型屋さんのご主人でした。右京さんが大好きだった私は、ティレル022のガレージキットをその店で見つけ、たまたま私しかお客がいなかったので、思い切ってご主人に聞いてみたのです。「コレ、作るの大変ですか?」みたいなことを言ったと思います。ご主人は、嫌な顔ひとつせず丁寧に教えてくれました。商売だから、当たり前なのかもしれませんが、その言葉からは「買ってくれ」という雰囲気は微塵も感じられず、ひたすらご主人自身がとても楽しく模型を作っているな、という印象で、私自身も「やってみたい」と思わずにはいられませんでした。それからというもの、模型の楽しみが奥深いものであること、ご主人からどんどん教えてもらったのです。私など、まだまだ足元にも及びませんが、私も模型作りの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたいと思います。まだまだ小さいお店ですし、私自身が未熟者なので、お客様に教えていただきながら、ますます楽しい模型人生をみなさんとすごせたら、と思っています。

  >>戻る

             
             
             
 

Open : pm1:00〜 Close : pm7:00  Holiday : Tuesday&Wednesday   Contact Us : info@amc-models.com
Copyright.2004 AMC All right reserved.